ゴジラと三葉

2016年の夏は二本の映画が大ヒットしている。庵野秀明監督の実写作品『 シン・ゴジラ』と、新海誠監督のアニメ作品『君の名は。』だ。

前者は『エヴァンゲリオン』 テレビシリーズや映画で圧倒的な人気を誇るアニメ監督。 ただしこれまでに実写でもいくつか撮っており、 それらは良くも悪くも実験的、アート系で、 そこまでのヒットはしていない。後者は『秒速5センチメートル』 を始めとしたいくつかの人気作があり、 絵の美しさで有名なアニメ監督だ。 彼はアニメファンからは絶大な人気があったが、 大きな劇場で作品がかかり、 大ヒットを記録するというタイプの知名度ではなかった。

二人の共通点は「オタク」という点だろう。徹底してこだわり、 妥協を許さない。 だからこそマニアにはたまらない質の作品を作るが、 その世界観に入っていない大勢の人には、 マニアックすぎて近づく気を起こさせないところもあると思う。 エヴァンゲリオンはある程度ストーリーがわからなければ、 途中の一話を観たところでなにもわからない。新海誠作品も、 絵の凝ったアニメ恋愛ものという印象も強く、 その手に馴染みのない人には食指が動かないタイプだったろう。

しかし、今回公開された彼らの映画は、両方ともオタク層、 熱心なファン層を超えて、 一般客にも広くアピールしたと感じている。一方は「ゴジラ」 という、 日本でもトップクラスに有名なキャラクターを使っていたからかも しれない。あるいはもう一方は、今までのミニシアター系でなく、 シネコンでかなり前から大きく宣伝していたからかもしれない。

加えて共通するのは、『シン・ゴジラ』でのキャストや『 君の名は。』 の声優がかなりの有名俳優揃いだったこともあるだろう。 その名前が出るだけで集客は違う。また、 メディアへの露出頻度にも歴然とした差が出る。 作品への敷居が低くなり、いわゆる「話題作」という印象で、 世代を超えて観に行きたくさせる雰囲気を作り出せる。『 君の名は。』ではさらに、 全篇でRADWIMPSが音楽を担当した。 特に若者に支持されているこの人気バンドとタッグを組んだことも 大きかっただろう。

以上が、これら二本が安定してヒットを飛ばした要因だと思うが、 その人気が続き、口コミでの集客や、 あるいは多くのリピーターさえ生み出したのは、 作品の質が良かったことに他ならないだろう。それも、単に「 良くできた作品」というだけでなく、 それぞれに人びとを引きつける大きな魅力があった。

まず『シン・ゴジラ』は、楽しめると同時に、 それに対する解釈や批評をしたくなるストーリーである。 凶暴なゴジラがやってきた、人間も闘った、ああめでたし、 だけでは済ませられない何かを観客に感じさせる。それは、ゴジラの襲来が、 我々日本人が体験した3.11の津波という災害や原子力発電事故、そしてその後の我々の対応といった、 誰にも身近な経験を思い出させるからだ。そして、 この映画を通して何に気づけるかを考えたくなる作りになっている のだ。 猛スピードで進んでいくセリフや展開の一つ一つにこだわりがある のが感じられ、それらの謎を解きたくなるのである。

他方、『君の名は。』は、一見するとファンタジー要素の強い、高校生同士の淡い恋愛ものというくくりで終わってしまいそうな作品だ。 しかし実際はそうではない。ミステリー要素も加えつつ、 実はこちらにも3.11を彷彿とさせるような現象が絡む。 このときの舞台は、『シン・ゴジラ』 のような日本の中心地でなく、飛騨の片田舎だ。 田舎に大災害が起きるかもしれないことがわかり、 なんとか町民を救え出せないかと力を尽くす場面がある。これは、東日本大震災時の津波を思い出させる。主人公の一人、片田舎に住む少女三葉(みつは)は、ある意味その自然現象を我々に思い出させる機能を有しているのではと考える。

ゴジラという巨大不明生物、そして自然災害。そういった 想定外の事態に直面したときに、人間は何ができるのか。 そんなことを見ている側に問う作品に思えた。また、 そもそも核エネルギーや自然災害はすぐ近くに存在しているものであり、 人間は常にそれらと隣り合わせで生きているということを気付かさ せる物語でもあった。『君の名は。』 を観てそこまで連想した人が多いのか少ないのかはわからないが、 私は、このような意図も読み取れると感じた。

オタク向けと思われていたかもしれないこれらの作品が、 一般の人も楽しめる娯楽作品として昇華し、 なおかつそのクオリティやこだわりは今まで以上にスケールアップ していることが、なんだか嬉しい夏であった。 日本映画界の大きなステップになるのではと予想する。